トップページへ > スポンサー広告 > 自分の声を録音してみるトップページへ > 音程をとるための練習方法 > 自分の声を録音してみる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の声を録音してみる

自分の声を録音してみる


音程をとるのがなかなか難しいときの練習方法で一番よいのはなにかわかりますか?

それはズバリ、自分の声を録音して聴いてみることです。



CDを流しながら、自分の歌声をMP3や録音機能付のウォークマンで録音します。

自宅でするのが難しいなら、

カラオケ店によっては録音できるサービスがあるところもありますので

まずは録音できる環境を整え、自分の声を録音します。



自分の声を客観的に聞くことによって、

自分の音程のどこがずれているのか?

自分の得意な音域はどのあたりか?

などがだんだんわかるようになってきます。



現在の自分の音程のずれを客観的に分析することによって

そこを集中的に意識して練習すれば、次第に音程のずれはなくなっていきます。




メロディーラインを間違って覚えていたりとか

自分では気づかなかった間違いもわかります。

また、音程だけではなく、リズムのチェックなどにも効果があります。




自分の歌声を録音して、聴く。

聴いてココは治さなきゃな、と思う部分の練習をする

再度自分の歌声を録音し、改善できているかどうか確認する

これが最も効果的な音痴の改善方法になります。




« | ホーム |  »

カラオケでのテクニック

フリーエリア

タグクラウド


アルバイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。